裏千家のホームページ

三千家の一つである裏千家には、もっと多くの人にお茶の世界を知ってもらおうと、ホームページを開いて紹介しています。
裏千家のホームページでは「お茶」についての簡単な説明から、全国の教室の情報まで、または利休が残した言葉の数々などを公開しています。
お茶を初めて見ようかなと考えられている人には、この裏千家のホームページを覗いて見て欲しいです。「キッズページ」とされているところには、お茶について分かりやすい解説がされています。
お茶の世界から学ぶ、人が持つべき「心」についても、深い感銘を受けられることでしょう。誰もが知っている「一期一会」は裏千家の祖である千利休の言葉です。今でも大切にされ、同じような意味を持つ「一座建立」もまた日本人の心の美しさを垣間見ることが出来るのです。
招いたお客様を気持ちよくする事で、お互いの心が通い合う、そんな心地のいい状態を表すのですが、これは私達の日常でも大変役に立つ言葉です。
また裏千家のホームページでは、検定の情報も見る事が出来ます。検定は今やブームのようになっていますね。裏千家などでも茶道文化検定を行い、広く日本の美学を学びましょうと進めています。
またホームページには家元との一問一答のコーナーがあり、お茶について分からないことをサイトで勉強することも出来ます。お茶の勉強をしている人には、是非参考にして欲しいところです。


posted by 管理人 at 17:48 | 裏千家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外に向けた裏千家の活動

裏千家は茶道の流派の一つであり、表千家、武者小路千家と並ぶ三千家の一つです。
今、茶道は海外の方から大きな注目を集めています。日本の文化を体験したいと希望されている外国人が多く、裏千家でもそんな方達に向けた教室などを開いている所もあります。
裏千家のサイトでは、こうした海外の人にも目を向けてもらいやすいように、英語での表記がされてもいます。
どちらかというと茶道は難しく、日本人の私達は遠くに感じてしまいますが、外国の人達は逆に新鮮さと好奇心の思いが強いのですね。だからこそ素直に、そして気軽に教室へ参加することが出来るのかも知れません。
お茶は種類が違っても、世界中にありますが、日本のように細かな作法があるところはないでしょう。作法の一つ一つにはそれぞれの意味があり、全て心と体が連動している物であるそうです。
裏千家では難しい作法よりも、先ずはお茶を楽しむ事を、海外の人達に紹介しています。その中で、茶道が大切にしている心構えを伝えようとしているのです。こうしたお茶の教室へは、裏千家のホームページからでも情報を見る事が出来ますし、旅行代理店などでも海外向けの紹介をしています。
裏千家には実際に、外国人のお弟子さんがいますし、今も茶道の普及をグローバルに行っています。
posted by 管理人 at 16:11 | 裏千家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏千家の担った役割

町を歩いていて、お茶の教室の看板を見かけた事はありませんか?
古風なお家にかけられた木の看板には、○○流とか□□流とか書いてありますよね。よく見ると更に「裏千家」とか「表千家」とかも書いてあるのが分かると思います。
裏千家とは茶道の流派の一つをいい、日本にはこの裏千家に加えて表千家と武者小路千家があるのです。と、ここまで来るとどんどんややこしくて難しくなってしまいますね^−^;
利休から始まった茶道は、長い長い歴史をたどり、色々な苦労を乗り越えて現代にたどりつきました。流派が三つに別れたのにも訳があり、簡単に言うと本家と分家の違いになるようです。
時代の流れと共に歩みを進めてきた茶道が、今のように学校のクラブになるまでに至ったのには、裏千家の活躍があったからとも言われています。
戦後、当時の裏千家の家元は、もっと広く茶道を知ってもらおうと考え、それには子供達がいいだろうと、教育機関に導入の働きかけを始めたのです。これによって多くの学校が茶道の授業を取り入れたり、クラブ活動として取り入れたりしたのです。
今では裏千家が学校で教えられている茶道の主流になっています。ここで茶道を学んだ人達は大人になっても教室へと通い、消えつつあった茶道を残す役割を果たしたのですね。
裏千家では今でも、他の流派と協力して茶道を広める活動を続けています。
posted by 管理人 at 13:28 | 裏千家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。